喜んでお喋りする妹と僕

カミナリと草原と音のないカマイタチ

街角インタビューなどで、「秘めた想い」について尋ねられたら、あなたはどう答える?「天ぷら」って、人によって受け止め方が千差万別なのかもしれない。

TOP PAGE >

□控え目に口笛を吹く友人と突風

あんまり、ドラマは視聴しないほうだけれど、ここ最近、それでも、生きていくを毎週見ている。
殺人犯側の家族と被害者の家族が出会ってといった内容で、常識的にいってあるはずがない流れだと思う。
被害者側の親兄弟と殺人犯側の家族のどちら側も悲しみに包まれているストーリーがえがかれている。
ストーリーの内容はめっちゃ暗いけれど、しかし、映像はきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像がとても多く、牧歌的できれいな映像がとても多く使われている。
来週から、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

騒がしく走る子供と飛行機雲
少し前の夏の真っただ中、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物ばかり摂取していた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、水分を取るのが大事だと思ったからだ。
冷房の効いた部屋の中で、キャミそして炭酸飲料にアイスなど。
なので、健康だと思っていた猛暑対策。
だけど、その年の冬に、前年度よりもさらに冷えを感じることが増加した。
部屋の外に出る仕事内容がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎてほとんど部屋から出れないという事態。
なので、きっと、猛暑の中の過ごし方は真冬の冷えにもつながると思う。
たくさん栄養を摂取し、均等な食生活を心がけるのがベストだと思う。

□雹が降った月曜の日没に椅子に座る

小さなころよりNHK教育テレビを見ることがめちゃめちゃ増えた。
昔は、親やばあちゃんが見ていたら、NHK以外の映像が見たいのにと思っていたが、このごろは、NHKも見る。
若者向きのものがものすごく少ないと思っていたのだけれど、ここ最近は、年配向け以外の番組も多くなったと思う。
それに加え、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
また、攻撃的でないもの番組や息子に悪い影響がとても少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンですらたいそう攻撃的に見える。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

どんよりした水曜の晩は座ったままで
此の程は、近くの海に釣りに出かけていない。
日々の業務でものすごく忙しく行けないというのもあるが、しかし、めっちゃ暑いから、釣りに行きにくいのもあることはある。
それに加え、業務終わりにいつもの場所を見てもがんがん釣れている雰囲気が見えないから、釣りに出かけたいとは残念ながら思えない。
大変回遊魚が釣れていたら行きたくなる。

□汗をたらして叫ぶ姉ちゃんと穴のあいた靴下

かつて、父も母も、娘の私の人付き合いに対し大分積極的であることを強いてきた。
一般から離れてはダメだ、とか。
非常に暮らしにくい時代だったと考える。
一日が終了すると、ほぼ毎日作り話をハキハキと母に話す。
これで、安心しているのだ。
少しでも変わったことをすると、変わり者。
そんなことだけ怖がっていた昔の自分とお母さん。
悲しい昔だと感じる。

ぽかぽかした木曜の早朝にシャワーを
自分自身、アレルギー体質で、ファンデはもちろん使用してはいけないし、乳液も一部だけだ。
そのことから、野菜やサプリメントの力にお任せになっているが、最近口にしているのが粉ゼラチンだ。
コーヒーに溶かして、毎晩習慣にしているけれど、多少は肌がハリが出てきた。
それに、実行してから実感するまで即効性があったので、嬉しかった。

□騒がしく踊る先生と冷めた夕飯

甘いおやつがすごく好きで、洋菓子やようかんなどをつくるけれど、娘が色々わかる年になって作るお菓子が限られてきた。
私たち親がめちゃめちゃ楽しみながら食べていたら、娘がいっしょに口にしたがることは当然なので娘も食べられるあまり甘くないケーキを自分でつくる。
自分は、チョコ系のケーキがめちゃめちゃ好きだったけれど、しかし、娘には激甘なものなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやかぼちゃをいれたケーキが体にもいいので、砂糖をひかえて入れる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

暑い金曜の明け方は焼酎を
江國香織さんの話に出てくる女性は、陰と陽を潜めていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
恋だと思わせつつ、心から大切に思っているのは旦那様だけのただ一人。
そんな女の人たちが多々いるような気がしませんか。
不貞行為を陰だと考えれば、本命は陽。
たまにスイッチが入ったように陰が出てくる。
不倫に対する善悪は置いておいて、そのストーリーの主人公を凝視する。
自分の中にもう一つの恋愛に対する考え方や価値観が姿を見せることもある。

□天気の良い仏滅の夜明けは料理を

夏は生ビールがとってもうまいけれど、このごろそんなに飲まなくなった。
学生の頃は、どれだけでも飲めたのに、年とともに次の日にお酒が残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとてもあこがれ、行くのがたいそう楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌というほど行って、自分の心の中では、現在、いいイメージがない。
しかし、取引会社との付き合いの関係でたいそう久しぶりにビアガーデンに行った。
大変久しぶりにうまかったのだけれども、調子にのってたいそう飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

月が見える祝日の夕方に熱燗を
いつものEくんから送られるE−MAILの中身は、何を話したいのか全然理解できない。
酔ってても素面でもいまいち理解できない。
しかし、E君が会社で作成したという、商品と寄付金に関する文章を見た。
意味の通じる日本語を書いてる!と驚いてしまった。

□サイトコンテンツ


□サイトコンテンツ


Copyright (C) 2015 カミナリと草原と音のないカマイタチ All Rights Reserved.
top