笑顔で歌う子供と僕

カミナリと草原と音のないカマイタチ

ねえみんな、「経営者」に関して考えてみないかい?険しい顔するほど頭を抱え込む事って無い気がするんだ、「悲しみ」の特色って。

TOP PAGE >

□一生懸命口笛を吹く兄弟と壊れた自動販売機

ずっと遠い昔、見たことのある合作映画が、「ビフォアーサンライズ」というもので、日本語のタイトルは恋人までの距離というものだ。
20歳のお姉さんに、「とてもいい作品」と勧められたDVDだ。
電車で初めて会ったアメリカ出身の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス人のセリーヌで、少しだけオーストリアのウィーンを歩き回る話。
この作品の面白いのは、これだ!というパニックシーンや盛り上がりとか、そんなに無い部分。
出会ってすぐの一組の男女は、恋愛、それに、人生について永遠と話し合う。
観賞した時14歳の私は、分からないことが多く、子どもで、ただジーッと観賞した作品だった。
十数年が経過しこの前、偶然ツタヤにて発見し、これはあの時のと思い借りてみたところ、大変感動してしまったのだ。
一番は、レコード屋でケイス・ブルームの曲を聞きながら無意識に見詰め合ってしまうシーン。
お互いの帰国がやってきて、要は、お別れの時、そこで最後を迎える。
見た当時は理解できなかったこのストーリー、間隔をあけて見てみると、また違う見方ができると思う。
それから、2人がレコードショップで聞いていたALBUMを、ショップより探し出して聞いている。

よく晴れた火曜の夜に目を閉じて
人々のほとんどは水分という研究もありますので、水の摂取は一つの体の基盤です。
水の摂取を怠ることなく、みなさん健康で楽しい季節を過ごしたいですね。
輝く光の中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、いつもそこまで外出しないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策に関してマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のお手入れは秋に出てくるといいますので、やはり気にかけてしまう所かもしれません。
やはり、誰もが気を使っているのが水分補給につてです。
当然、普段から水分のとりすぎは、あまり良くないものの、夏の時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
なぜなら、多く汗を出して、知らず知らずの間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自身のコンディションも影響することでしょう。
ひょっとすると、自分自身が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い盛りの水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても過言ではないかもしれません。
ちょっと歩く時も、小さなもので充分なので、水筒があれば非常に便利です。
人々のほとんどは水分という研究もありますので、水の摂取は一つの体の基盤です。
水の摂取を怠ることなく、みなさん健康で楽しい季節を過ごしたいですね。

□無我夢中で泳ぐ彼女と履きつぶした靴

辺ぴなところに住んでいたら、ネットでものが手軽に購入できるようになったのが、すごく助かる。
その理由は、駐車場がある本屋が市内に2軒しかなく、品ぞろえもひどいから、手に入れたいマンガも買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりはインターネットで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで車で30分近くかかるからすごくめんどうだ。
ネットに手慣れたら、他のものもネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は絶対にネット購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

無我夢中で自転車をこぐ父さんとぬるいビール
昔は面倒だと思っていたけれど、スポーツくらいほんの少しでも取り組まなくてはとこのところ考える。
勤め先が異なるものになったからか、近頃、体力を使うことがたいそう少なくなり、体脂肪率がたいそう上がった。
また、30歳になったのもあるかもしれないけれど、腹に脂肪がついてきて、すごく恥ずかしい。
少しは、意識しないとやばい。

□怒って吠える彼女と気の抜けたコーラ

新聞の記事に、日本女性の眉毛のデザインに関して、興味深い解説が載っていた。
理由を知ると、急に色っぽさも感じてくるので面白い。
パッと見は、恐ろしく感じる場合もあるが、江戸の頃は既婚者である女性の証でもあるという。
なるほど、と思えば、急に色っぽくも感じてくるので不思議だ。

喜んで跳ねるあの人と飛行機雲
大物司会者がびっくりするほど突然引退したことによって、ニュースやネットでたっぷりやっているが、大変すごい!!。
また次の代表がどなたになるかという内容より報道では番が前だったし。
どのような人が総理大臣になろうが変化しないと思う人もめちゃめちゃ存在するし、それより、某芸能人が芸能界をいきなり引退というのが影響がでるということですかね。

□夢中で体操する彼とオレ

恐ろしいと感じるものはたくさんあるけれど、私は海が怖くて仕方ない。
しかも、タヒチやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
それ以上の恐怖は、しまなみ海峡などの黒い海だ。
つい、どこを見ても海、なんて状態を想像してしまう。
それが味わってみたかったら、open water という映画が持って来いだと思う。
スキューバーで海上に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで展開していく。
とりあえず、私には恐怖のストーリーだ。
現実に起こり得るストーリーなので、恐怖はたっぷり伝わると思う。

一生懸命踊る君と公園の噴水
人間失格を読んで、葉ちゃんの考えも理解できるな〜と感じた。
彼は生活するうえで必ず持ち合わせている価値観を、たくさん抱いている。
そういった部分を、内側に秘めないで、お酒だったり異性だったりで解消する。
ラストで、行きつけのバーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その部分で、主役の葉ちゃんは要領が悪いんだと、まじで可哀想になってしまう。

□悲しそうに体操する父さんと花粉症

この一眼レフは、実は、砂浜で拾った物だ。
昨日は、8月の中盤で、終わり頃で、当然暑い日だった。
山下公園で恋人ともめてしまい、しばらく会いたくないと言われたのだ。
それで夜、部屋からここまでバイクでやってきて、海沿いをのんびり散歩していた。
そこで、少し砂をかぶったこの一眼に出会った。
持ち帰って、重さに驚いて夜の写真を一枚撮影してみた。
一眼の所有者より、いいかんじに撮れるかもしれないと思った。
恋人の笑った瞬間撮れたらなー、とか、意外とピント調節って丁度良くならないなーとか思っていた。
明日あたり、どうにかして会うことができたら、恋人に自分が悪かったと謝りたい。
仲直りしたらこの一眼、交番に届けよう。

控え目に熱弁するあなたとオレ
あるいつもと違うような仕事があったとき「どうにかなる」と考えていた新人の頃。
その時、自分を含むチームのみんなが、「過ぎちゃえばなんてことないよ」などとあっさり取り組んでいた。
見かねた指導専門の女性が注意した言葉が脳裏に残っている。
「目標に向かって、しっかり毎日を費やしたからこそ、終わってからなんてことなかっただけ。
だから、みんなのように軽くとらえていて、運よく仕事が大したことなかったという意味は含まれていません。
終わってしまえば単純だったと言う裏の意味は、正反対です。
事前にじゅうぶん取り組み準備をしたからこそ、能力が有り余って、仕事が円滑に進んだと言う事実を表しています。
真面目に本気になれましたか?
なめていないで早く取り組んでください。」
との事。
この言葉があってから、メンバーはそれに向けて全力をそそぎうまく仕事をすることができた。

□サイトコンテンツ


□サイトコンテンツ


Copyright (C) 2015 カミナリと草原と音のないカマイタチ All Rights Reserved.
top