のめり込んで大声を出すあの子と擦り切れたミサンガ

カミナリと草原と音のないカマイタチ

あなたが感じている「オムライス」と、みんなが思う「カレ」は、もしかすると全く違うものかもしれない。そう想像してみると、ちょっと面白いね。

TOP PAGE >

□泣きながら踊る友人と霧

OLとして勤めていた時の先輩は、社長令嬢で、どう考えてもお嬢様だった。
小さな体で素直でとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護団体など設立して、そこそこ運動をしているようだった。
毛皮反対、ヴィーガン、動物実験反対。
少し前に、マンションに訪問したことがある。
一等地にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見えていた。
その先輩、人懐っこくてきれいなシャムと仲良しだった。

息絶え絶えで話す友人と履きつぶした靴
20歳の時、株の取引に興味をいだいていて、購入したいとおもったことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも好奇心があったのだけれども、しかし、一生懸命得たお金が簡単に消えるのが怖くて、買えなかった。
楽天証券に口座はつくって、資金も入れて、パソコンのボタン一つ押すだけで買えるようにしたけれど、恐怖で買えなかった。
一生懸命、働いて稼いでためた貯蓄だから、稼いでいる人から見たら少ないお金でも無くなるのは恐怖だ。
でも一回くらいは買ってみたい。

□ゆったりと口笛を吹く友人と横殴りの雪

なにかしら贈り物を考えなくてはと思っている。
結婚記念日が近くて、家内に喜んでもらえる贈り物を渡したいのに非常に良い案が思いつかない。
嫁になんか欲しい物があるのならば、話は早いが、あまり、物欲がないので、気に入りそうなものが見当つかない。
だけれど、内緒で喜びそうなものを考えて驚かせたい。

ひんやりした週末の午後に料理を
営業に出ると、1週間近く帰ってこれない場合もある。
その最中は、一生懸命頑張ってる感は持っているけれど、常に気を張っているので、ほとんど眠れない。
起きる予定時間のかなり前に、目が覚める。
しかし、帰宅した時の自由な感じはお気に入りだ。
狂ったように遊びまわるし、寝れるし、贅沢する。

□風の無い平日の夕方はこっそりと

普段より、業務や家の事に手いっぱいで、そこまでフリーの時間が持てない。
ちょっとだけ時間があっても、自然に次やるべき仕事の予定など、何かの期限が頭の隅にある。
そんな状況で、丸一日など時間ができると、とても喜ばしい。
さて、この休日をどんなふうに費やそうかと。
最終的にはいつも、あれもしたい、これもしたいなど希望のみが募り、全部は上手くいかない。
中でも私はゆっくりペースなので、あっと言う間に時は経過。
時は金なり、なんて正に明瞭だと感じる。

薄暗い日曜の昼に歩いてみる
服屋さんって私には無理・・・など思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、職業柄しっかり着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツを着るといいし、メイクも簡単でOKとされる。
お出かけの時は、自分でお気に入りのファッションを纏えばいいし、家で何かをするときはスウェットでもできる。
だから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、向いていない。
ショップに入ると店員さんがやってきて、流行やコーディネイトを語ってくれる。
毎回それに緊張してしまい、その場から逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって出来なさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

□雲の無い木曜の朝は友人と

見入ってしまうくらい美人さんに出くわしたことがありますか?
私は一度だけ見かけました。
電車の中で20代前半くらいの女性。
女性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけ手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、内側から出てくるオーラはたぶんありますよね。
日本には素敵な人が多くいるんだなーと思いました。

悲しそうに体操するあの子とオレ
一年の中で、雨の多い梅雨が好きだ。
空気は湿度が上がり外出すると濡れるけど。
それは、子どもの頃、雨の日に見た紫陽花が可憐で、それからあじさいが咲くのを楽しみにしている。
長崎出島にて知り合った、シーボルトとお瀧の紫陽花の中でのデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れ込んで上陸した、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言う。
雨に打たれながら美しく咲く紫陽花を見て何回も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
それが訛ってしまい紫陽花はおた草と異名を持つようになったという。

□笑顔で泳ぐ姉妹と霧

現在のネイルスタジオは、バイオジェルなど、かなり高い技が使用されているみたいだ。
気持ち程安くしてくれる招待券を譲ってもらえたので来店してみた。
思いっきり、カラーやシンプルさに対して、優柔なので、決定するのに時間を要した。
親指だけ簡単なアートをしてもらって、とても上機嫌になった。

涼しい週末の晩は散歩を
昔、体の調子が悪いのに、食生活と、眠りの具合が変だったので、シミが増えた。
改善したいと思い、食生活を整え、肌ケアにいい事をし続けようと情報収集をした。
大いに推進されたのが、アセロラジュースだ。
しばらくたった今でも毎朝飲んでいる。
あのレモンよりもCが豊富に摂取できるらしい。
体調と美はやはりフルーツから出来上がるのかもしれない。

□サイトコンテンツ


□サイトコンテンツ


Copyright (C) 2015 カミナリと草原と音のないカマイタチ All Rights Reserved.
top